Category Archives: ロレックス

ロレックス時計の技術に美的要素を達成するために

時計製造の長い歴史の中で、常にそのユニークな形で移動章を書いており、時計は古典的なブランドの建物、正確で耐久性があります。今日、我々は、豪華な18kローズゴールド、ロレックスの一貫したスタイルで、腕時計から女性の時計の種類をもたらすつもりです。

ロレックスの歴史に転換,我々は多くのランドマークのデザインを見ることができます,最も魅力的なのは、シンボルとなっているオイスター時計の誕生です。.ログタイプの時計は、日付表示機能に基づいて追加されるので、完璧な組み合わせのデザインと実用性。

ケースは、26ミリメートルコンパクトケースで絶妙な時計製造技術を含むロレックスのクラシックオイスタースタイルのデザインを続けている。ケースは、色合いと素材の完璧なコロケーションを強調し、18kローズゴールドで作られています。

女性の時計は、常に小さくて細い,女性の優しさと上品を表示するために.この時計のエレガントなオイスターケースは、クラシックブランドを示しています。側面では、輪郭は優美、ラインは滑らか、完全に女性の摩耗の要求に合致する。この日記型の女性の腕時計は18kローズゴールド製で、ハーフリングタイプのスリーピースリンクデザインは、オイスタータイプの恒久的なサンデーカレンダー、快適で操作しやすい1956のロレックスによって特別に開発されています。

時計は、最も合理化された方法で時間を示す、また古典的なであるミニマルなデザインスタイルで、スタイリッシュでエレガントです。10の明るいダイヤモンドは、四辺形のベースの隅に象眼細工、タイムスケールとして、古典的なロレックスクラウンシンボルのスケールで唯一の12ポイント。クラシックジュニアピンのデザインは、ほとんどの人の読書習慣に適しています,エレガントなディスク上の時間の痕跡を記録する任意の変更ポインタなし.

ログタイプの時計は1945で生まれた、小さな窓の凸レンズのディスプレイを使用して、この一連の時計の日付ウィンドウは、このユニークなデザインは、時計のロレックスのログタイプの高い識別となっている。3ポイントの時計は、カレンダーのウィンドウ上のレンズを使用して、最も古典的なカレンダーのウィンドウは、2.5回の時間を拡大している暦の表示と読みやすいです。耳はまた、18kローズゴールド製で、細心の磨きで磨かれ、高品質のメタリックな質感と明るい光沢を見せています。耳とケースはエレガントで優雅なラジアンとエッジ面取りの絶妙な研削で作られています,これは、女性の手首の時計のエレガント気質を示しています.

最初は大きな驚きを持っていないようですが、慎重に試飲した後、彼らはすべての詳細は、ブランドの絶妙な時計製造プロセスが含まれていることがわかります。場合には、三角ピットパターンを取るこのテクスチャの表面にはユニークではありませんが、プロセスは非常に洗練された、設計と研磨の細心の忍耐を時計製造の必要性、各コーナーは慎重に、完全な一貫性を確保するために計算する必要があります、ロレックスの技術に美的要素を達成するために。ヘッドストラップは、隠されたクラウンクラスプが装備されている,折り畳み式のデザインは、女性の着用の習慣に沿ってより多くのです,操作しやすいと快適な.

ロレックススタイルの日記の女性の腕時計は、ブランドの最も伝統的な時計の哲学を運ぶだけでなく、強いフェミニンな魅力のデザインを持っています。時計は別の機会に出席するために女性に同行することができます,ライフスタイルのさまざまな種類を楽しむ,また、女性の自己価値と美的のための非常に高い需要の肯定を表すことができます.

このロレックス時計の作品を行うことに熱心ではありませんが

 

通常、ロレックスという名前を冠した時計を想像すると、何かの目的が構築され、カジュアル-スポーティ(常にではない,とコレクション内の’dressiest’は、デイデイトである)と合併症の面で簡単(空の住人の例外を除いて…,しかし、それは主に時間と日付の部分の間で1つの時計です).2014では、エレガントなドレスウォッチ:チェリーニと同義の名前を復活させた。古典的なラウンドケースで構築された,この時計はすでにいくつかの合併症を導入しています,それらのすべてがむしろ実用的であると.しかし、どのような場合は、クラウンに行くことを期待していない場合は、天文合併症に.非常にではないが、おそらくそれは新しいチェリーニムーンフェイズref.50535で何をしたのか、それは素晴らしいですが、それはまさに言うでしょう!

新しいロレックスチェリーニムーンフェイズref.50535は、時間、分、秒、月の位相と日付のポインタの手によって日を示しています。腕時計のムーンフェイズ表示は、正直、無用のようなものにしましょう。最後に月のフェーズを確認したのはいつですか?この合併症は、おそらく最高のラベル’詩的’です。コンセプトは、長い間、一つの目的のために1つの時計を提供するためにされている-ダイバーのためのサブマリーナー、冒険のための探検家、旅行者のためのgmtマスター、レースドライバーのためのデイトナ(少なくとも、それはどのように時計がアドバタイズこれはオイスターコレクションに当てはまるが、カタログはまた、時計の別の範囲、非常にOsytersとは異なる、確かに、貴重な希少物質、特定のcraftsmanshipsまたは合併症の他のタイプを含むさまざまな領土を探索するのに最適な拠点で構成されています。この文脈では、チェリーニムーンフェイズの生活になる。

今日知っている時計を作り始めた前に,彼らはムーンフェイズ表示といくつかの時計を持っていた–特にいくつかの,とのみそれらのいくつか,珍しいと求められている-コレクターによる今日の後.我々が考えることができる実際には2つのモデルがあります,それはおそらく、新しいロレックスチェリーニムーンフェイズref.50535のスタイルの面でも表示の面でのデザインに影響を与えた.これらの2つのアイコンとオークションの星:6062″ステリーネ”と8171″Padellone”。最初の1つは、1950年代初頭に3年間の期間のみ行われた。さらに寛大な38ミリメートルの場合(対36ミリメートル)を備えて2番目の1つは、また、非常に短い期間の1950年代初頭に行われた。両方とも同じディスプレイを持っていた:週と月の日のための2つのウィンドウ、そして今日のために興味深いことに、6時にオフセンターのダイヤルで、周囲と月の位相の日付…新しいチェリーニムーンフェイズと同じように。

クラウンは、このロレックスの作品を行うことに熱心ではありませんが、我々は助けることはできませんが、参照8171と6062を思い出させる。もちろん、これは古いモデルの単純な”レクリエーション”ではありませんが、インスピレーションはかなり明確であり、実行の中で非常に古典的です。我々は、新しいラウンドチェリーニは、このような伝統的な合併症のためのフィールドは、少しの習慣から削除され、この新月のバージョンは矛盾していないことを知っていた。我々も、トリプルカレンダー、年間カレンダー、あるいは永久カレンダーのバージョンについての夢を開始-正式にでは存在しなかったが、まだ非公式でした。このチェリーニムーンフェイズは、最初は非常にではなく、まだのように、歴史的な目で見た感じている。そして正直なところ、それは何かを大幅に通常のサブ/gmt/デイトジャストとは異なる見て良い感じ。

ディスプレイについて、まずはお話しましょう。新しいロレックスチェリーニムーンフェイズは、1950年代から時計をリコールするディスプレイと、非常に古典的な、バランスのとれたエレガントなテーマで再生されます(だけでなく、時計のこれらのタイプは、その時点で非常に成功したとして):ムーンフェイズ6で、日付は細長い中央の手で示され、ダイヤルの非常に周囲に日付のトラック…しかし、通常の日と月の窓なしで12.カレンダー表示のこの不在は、ドレスウォッチのコンテキストで完全に適切な、このようなディスプレイの美しさに何かを削除しません:バランスのとれた、エレガントで控えめな、読みやすい。そして、我々はについて話しているので、もちろん、すべての表示は完全に他の人(分トラック、時間のインデックスと日付のトラックがよく配置され、よく区切られている)から区別されます。それから、6時に月があります。

ほとんどの時計に反して、ロレックスチェリーニムーンフェイズは、群衆とは若干異なるディスプレイを使用しています。通常、ムーンフェイズ表示は、59の歯(2×29.5日)で回転するディスクで、月(またはニュームーンでなし)の完全な表示部分を示す半円形のウィンドウです。ここでは、ない半円形のウィンドウが完全なディスクは、フルと新月の両方で、ディスクが1回29.5日(多分調整の面で、もう少し正確に)回転することを意味します。月の年齢は、手の車軸のすぐ下に三角の金色のマーカーで指されます。月の年齢を修正するには、専用のツールを使用して、8で凹型のプッシャーを介して行われます(我々は王冠によって修正を好まれているだろう…)

材料と実行の面では、このムーンディスクは絶対に素晴らしいです-と何かが実際には非常に珍しい材料と細かい職人に使用されていないロレックスのために、新しい。確かに,青の色は、エナメルのプロセスによって得られる(塗装されていないか、漆塗り),金箔の色で星と新月と.月は、複数の詳細と、隕石ディスクから作られています。全体の表示は実際に快適、細部への質そして注意の点では満足である。この月は、再びダイヤルにいくつかの深さを追加する二重の金のリングで囲まれています。

ダイヤルについては、チェリーニムーンフェイズref.50535は、シンプルな白漆塗りのバージョンを使用しています。時間のみのバージョンでは、この白い漆塗りのプレートは非常に厳格な、プレーン、および他のバージョン”rayonsflammésデラグロ”ギョーシェパターンより魅力的に見えるかもしれないが、ロレックスはここをきれいにし、簡単に保つために正しい選択をした。適用されたインデックスと手は、ブルーの日付の手を除いて、18kエバーローズゴールドケース(現時点では利用可能な唯一のオプション)に一致します。ケースは、39、少し”バブルバック”スタイルと細かく溝のベゼルと、以前のバージョンと同じままです。

内部では、チェリーニコレクションで使用されている他のムーブメントから派生した「最上級クロノメーター」キャリバー3195を見つけ、ロレックスの精度、5年間の保証、自動巻き、抗磁気パラスパイラル、4hz周波数とパワーリザーブの48時間-この動きは、インスタンスのためのベースとしてオイスターパーペチュアル36のキャリバー3130を使用して、上に合併症を追加しました。だからと言って、決してあきらめることのない主力。

ロレックス時計回りに行く時間をたどることを可能にする

グランドコンプリケーションウォッチと見なされるためには、ロレックス時計にはいくつかの特定の機能が必要です。秒、分、時間は別として。ロレックス時計はまた、ミニッツリピート機能、永久カレンダーとクロノグラフを提供する必要があります。効果的なグランドコンプリケーションのデザインの問題の多くは、ロレックス時計の顔の効果的かつ有用なデザインだけでなく、最高の精度を可能にする機械システムを作成するから来ている。

ドイツのロレックス時計職人 a. ランゲ & ゾーネの進歩を続けている誰もが、この非常に有能な組織は、それが公開することができます独自の壮大な合併症モデルを作成するために熱心に取り組んでいることを知っている。最後に、a. ランゲ & ゾーネグランドコンプリケーションのロレックス時計が完成し、世界にリリースされる準備が整いました。このロレックス時計の顔を簡単に見て、この時間工学の傑作を作成に入った仕事の量については、わずかな表示よりもあなたを与える.

ランゲ & ゾーネがやりやすいように、それは全体の新しいレベルに壮大な合併症の部分の基準を取った。クロノグラフは、多くの同様のモデルでは見つかりません2つのユニークな機能を提供しています。最初の分割秒関数を使用すると、秒の小数点以下の値を取得することができます。もう一つの特徴は、クロノメーターのボタンを1回押すだけで開始できる跳躍秒機能です。このモデルをさらに包括的にするために、永久カレンダー機能によって行くムーンフェイズインジケーターがあります。

このモデルは、ユーザーが反ロレックス時計回りに行く時間をたどることを可能にする、またはユーザーがタイムゾーンまたは夏時間の変更を考慮する時間を進めるにつれて手が向かっている場所の指示を与えることができる指標ゴングと鐘の長いリストを備えています。世界中のユーザーに簡単に物事を作るために、ロレックス時計はグレゴリオ暦を利用しています。

ロレックス時計自体は、革のストラップに保持されているゴールドケースを持っています。ロレックス時計の構造のすべてが強化され、ストラップは不利な気象条件からそれを保護するために扱われます。ダイヤルは5つの部分のエナメル質であり、顔はその上に非常に正確な指標を持っています。同社は、これらの傑作の6つだけにするので、どのように購入することはありません前にどれを得ることができるようにお問い合わせしたいことがあります。この作品の価格はまだ決定されていません。

ロレックスコピー時計で誰かに、彼らの多くは同じように

誰がそのようなすべてのˇ興味ロレックスコピー時計で誰かに、彼らの多くは同じように見えるかもしれません。しかし、ロレックスコピー時計収集にいるならば、あなたは別のものを買うˇを常に探しています。そうすることで、いくつかのオプションがあります:あなたが行くヴィンテージ缶、確立したブランドから古典に固執して、あるいは、多くの選択肢を考慮するいくつかの向こうの起動から発射され、ブティック?ダイビング時計のブランド。

2007年に、オーストラリアのトッド?コールドウェルの完全ダイバーダイブの彼の展望を生き返らせるを見始めました。その結果ケース直径42 mm、701メートルまで耐水性、及び回転で注文することができます(?2)または固定ベゼル(cd)。素晴らしい特徴:ロレックスコピー時計のsoprod 10の移動により駆動される。価格は1600ドルで始まります。

過去からの伝説的ロレックスコピー時計ブランドは、2011年に戻り、1970年代からの伝説的な¨バチスカーフ〃モデルと同じケースを用いた(しかし、その深度計機能しない)。43 mmと利用できる47 mmのモデルがあり、水の抵抗の最大3000メートルの両方で、異なる機能と運動であり、さらにいくつかのニューオールドストック(nos)モデルを利用できる。価格は990ドルで始まります。

のためのtheラストじゅう年、ピーターアレクbeen右にドイツとウォルト-の上で見て小さいnumbersアウトオブ)中古啓発。the current is available with~500 T型た2892や不安やNOSベゼル2472、and the canbeと第二ロック、clock冠よんしよo。ユーロでは、価格は3700。

これらの双ブランド(導入ドイツ2011年と2013年)から提供してhelbergクレメンス無限のpersonalizationため、and the to theオーナーはシャチ交換モデルallowsアフターthe configuration茶屋(from the aquatique傑佩覚えていますか?)価格は500ユーロ。ない、起動と最大水敏は不安impressive 6000メートル。

2005年、この人にAHCIモードスペインかなり尋常のロレックスコピー時計:後続年齢from the-5000メートル防水耐摩耗Oceana doesnˇt need、クラウンなどで、それは、駆動その底蓋。価格から4575ユーロ。
2011年に、この新たに開始したスイスの時計ブランドは、8のコレクションから始めました。すべてのそのダイビング時計200メートルまで耐水性であると特徴は、スライダを上または下に移動させた後に操作されることができる内部ベゼル。シングルプッシャークロノ、運動、および3つの手のモデルconceptoから来ます。価格は11万9000ユーロで開始します。

2010年以降、伝説的なイタリアのダイビング時計のブランドをその前の栄光に戻って、その伝統的なモデルを提供しないだけの一部(eta運動に基づく)が、より複雑な版と専門のコレクションはゆっくり拡大(nosパーツの使用など)。価格は600ユーロで開始します。

2010年に開始されて、スイスのブランドの海の保護への強い関与をもつむしろ変わった47 mmのクロノグラフモデルを結合しようとしての発光材料を適用する新しい場所を発見する)。これは、シーシェパードの組織のロレックスコピー時計に終わりました。シャーク?ウォッチャーとシー?シェパードのモデルの両方のiwcトップガン7750に基づいています。価格は約7000ユーロで開始します。

1999年以降、このドイツの会社は、ブランドˇ署名ラグのデザインで提供される若干のロレックスコピー時計を持っています。若干のモデルはベゼルロック機構といくつかの4000メートルまで耐水性ですが装備されている。価格は2500ユーロで開始します。watchtimeˇブランドとその創設者のプロフィールのためにここをクリックしてください。

ロレックス腕時計を備えた本の新しい交換可能なひもシ

1970年代の4つのハイエンドのステンレス鋼ロレックス腕時計と機械的統合を生みました。オーデマピゲロイヤルオーク(1972年)、建築sl(1976年)、パテックフィリップノーチラス(1976年)、ヴァシュロン・コンスタンタン海外(1977)。最初の3つのジェラルド源太が署名したすべての間、多くの人々が考えるものを彼の創造的なピークになります。他のヨルグhysekという名の優秀な23歳からの野心的な反応でした。(多くの年のために、それは源太の最初の海外のために責任があったと考えhysek本しかしヨルグ。だったことを我々のために確認している)

最後に開始され、海外(そしてヴァシュロンコンスタンタンの創立記念日の番を参照の参照222、ヴァシュロンコンスタンタンと呼ばれる)の製造から来た他に何かと違っています。彼らは腕時計を作ることは、2世紀以上を費やしましたが、決してこのロレックス時計を作りました。彼らの最初のスポーツウォッチすることと彼らの最後でした。

ヴァシュロンコンスタンタンの海外との関係は、過去30年間のオン・オフされている。海外のコレクションは、1996年に初めてその名の下に現れました、そして、2004年に一度だけ改造されました。しかし、ヴァシュロン・コンスタンタンはそのそのスポーツとの関係を見るだけで更新された最良の方法では、第20の記念日の直前に。

仮の注意の年後、ヴァシュロン・コンスタンタン2016年のコレクションへの完全な公約を表示ワールドで、4つの新しい文献を提示して、より大胆な海外クロノグラフより大きいケースを含む(42.5mm対40mm)と、新しい社内運動。

ヴァシュロンコンスタンタンのもの3、6でトリプルレジスタのレイアウトをスポーティにしておきます、そして、9時、ベゼルに角ばった切り。しかし、ケースの軟化したようです。ロレックス腕時計は丸く、今ケースと切欠ベゼルと円形のリングを含みます、そして、後者の数は8から6に減っている。最も顕著なのは、本になった大日12時前に海外のクロノグラフに小さな窓を挟んで角の間の4と5時(ラ・ゼニスエルプリメロ)。

新しいクロノグラフの全くのバルクで不足するもの、それを補って余りあるのための改良である。両方のダイヤルバリエーション、ソフトグレーと鮮やかなブルーで、素晴らしいサンバーストの観察を提示する、と私は、青いダイヤルされる2つのより人気があると思いますが、前者はより多くのビンテージ感じを好む人々に訴えます。ロレックス腕時計涼しさがにじみ出ている。スクリューダウンクロノグラフ部分の小型化を押しました、しかし、非常に使いやすいままです。クロノグラフの手の動きの垂直カップリングクラッチのおかげでスムーズなスタートを持ちます。当初jlc運動で生まれて、修正fピゲ文治元年(1185年)でクロノグラフの形で更新されて、海外の最後にはそれ自身の社内口径5200。問題はもう一つの議論がどれくらい、我々がここで最初の頭に入りました。しかし、それは海外のそれ自身のアイデンティティを与える本の願望を示しており、確かにパテックフィリップのノーチラスとのギャップを閉じます。

製造によると、新しい自動運動、ジュネーブの特質を(海外のロレックス腕時計の研究と開発の5年間の産物である。236の部分で、それはコラムホイール機構を備え、上記垂直クラッチ結合系、52時間パワーリザーブ。

本の普通の高い基準を終了して、ロレックス腕時計のストライプで飾られ、ロータ22kイエローゴールド、コラムホイールのネジのためのマルタ十字架、新しい動きを後ろにサファイアの事例を通して賞賛されることができます。

海外のクロノグラフの2つのバージョンで来ます、ステンレス鋼とローズゴールドの価格で、2890049、000ドルとされている。両方のロレックス腕時計を備えた本の新しい交換可能なひもシステムによるゴム・ブレスレットとレザーのオプションは、より多くの用途が彼らを作ります。第1の最も快適であり、第2の最も自然な、そして、第3の最高の3つの外を見ていた。